ホーム > 会社情報 > 会社沿革

会社情報
会社案内 会社概要 会社沿革 社会・環境活動 採用情報

会社沿革

1936(昭和11年) 大崎照正が、衛生材料の製造・販売を開始。
大崎照正商店を創業(名古屋市西区北押切)
1941(昭和16年) 太平洋戦争により統制会社となる。
1945(昭和20年) 終戦となり、医薬品(ガーゼ、脱脂綿)の製造業を、名古屋市西区菊井通にて再開。
1950(昭和25年) 「大崎照正商店」より会社組織となり、「大崎衛生材料株式会社」を設立
1962(昭和37年) ガーゼ、脱脂綿、ホータイ等の衛生材料と合わせてお産用パッド及び清浄綿「クリーンコットン」を生産。
1968(昭和43年) 本社を名古屋市西区菊井通より現在地(西区玉池町)に移転し、事業拡張を図る factory_001.jpg
1972(昭和47年) 本社を増築し、清浄綿「クリーンコットン」の蒸留水製造装置及び各種滅菌器を設置
1977(昭和52年) オフィスコンピュータを導入。
名古屋市より優秀企業の表彰を受ける。
1978(昭和53年) 神奈川県厚木市栄町に、神奈川営業所を新設。
1979(昭和54年) 本社・工場を増築
1983(昭和58年) 神奈川営業所を現在地(厚木市飯山)に新築・移転する。
代表取締役社長大崎照正 会長に就任。
専務大崎弘明 代表取締役社長に就任。
1986(昭和61年) 本社工場を増築。GMP対応のクリーンルームを設置
1988(昭和63年) 愛知県より優良納税法人表彰を受ける。
1991(平成3年) 商品開発センターを創設
1993(平成5年) 商品倉庫2棟を竣工 神奈川営業所を改装。
1994(平成6年) 千葉県柏市宿連寺下原に、千葉営業所を新設。(2000年閉鎖)
1996(平成8年) 岐阜県郡上郡八幡町(現 郡上市)に、GMP適合の郡上工場を新設。医薬品製造業許可取得
1997(平成9年) オフィスコンピュータを廃止し、クライアントサーバーシステムに移行。
1999(平成11年) 事業推進室を創設し、開発本部を組織化。
2000(平成12年) 郡上工場を増築し、E.O.G.浄化装置を導入。
東海豪雨により、本社工場・事務所・倉庫に大きな被害を受ける。
2001(平成13年) 郡上工場 A.C.滅菌器を導入。
2002(平成14年) 「クイックカップ®が”ジャパンパッケージングコンペティション”と
”2002日本パッケージングコンテストグッドパッケージング賞”を受賞。
本社 新社屋を竣工。
2003(平成15年) 本社工場を改装。
2004(平成16年) 郡上工場に自動倉庫を竣工。
2005(平成17年) 品質マネジメントシステム ISO9001:2000 及び ISO13485:2003 を認証取得。
本社工場 A.C.滅菌器を導入。「大崎衛生材料株式会社」より「オオサキメディカル株式会社」に社名を変更。
2007(平成19年) 三洋薬品工業株式会社 メディカル事業部を譲渡される。
PT.SANYO MEDICAL INDONESIAの株式を取得し、「PT.OSAKI MEDICAL INDONESIA」に社名を変更。
2008(平成20年) 愛知県岩倉市に、岩倉工場(本社工場を移設)・中部物流センターを新設。
2009(平成21年) 代表取締役社長大崎弘明 会長に就任。
常務大崎将男 代表取締役社長に就任。
2010(平成22年) 福岡県糟屋郡粕屋町に、福岡営業所を新設。
2011(平成23年) 中国に販売子会社 大崎(上海)商貿有限公司を設立。(OSAKI MEDICAL SHANGHAI CO.,LTD.)
宮城県仙台市に、東北支店を新設。
スズラン株式会社と資本・業務提携を締結。
北海道札幌市に、札幌営業所・札幌物流センターを新設。
愛知県小牧市に、小牧第二物流センターを新設。
(2014年閉鎖)
福岡県福岡市に、福岡物流センターを新設。
(2012年閉鎖)
2013(平成25年) 群馬県藤岡市に、関東物流センター・藤岡工場を新設。
2014(平成26年) 岐阜県可児市に、東海物流センターを新設。
広島営業所を現在地(広島西区)に移転する。
2015(平成27年) 東京支店を現在地(東京都台東区)に移転する。
札幌営業所を現在地(札幌市中央区)に移転する。
2017(平成29年) 福岡営業所を現在地(福岡市中央区)に移転する。マルホ株式会社と温熱療法用製品「オオサキ ホットパック」の事業譲渡契約を締結。
2018(平成30年) 本社屋を増改築し、竣工。